お金 借りる 銀行

MENU

お金を借りるならココがおすすめ

30日間無利息サービス(詳しくは公式サイトで)
お金,借りる,銀行,必要なものSMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス

プロミスキャンペーン! 新規契約で2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる!

 

最短1時間融資・30日間無利息
お金,借りる,銀行,必要なもの 三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

 

最短即日!スピード発行(口座がなくてもOK)
お金,借りる,銀行,必要なもの 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

 

銀行からお金を借りるメリット

お金,借りる,銀行,必要なもの

 

銀行からお金を借りるのはキャッシングやカードローンと比べて審査が厳しいイメージがありませんか?

 

確かに、審査に時間がかかったり書類や手続きが難しい場合があります。

 

しかし最近は、銀行がやっているキャッシングカードローンが増えてきました。


消費者金融のスピードにはおよばないまでも手続きや審査が簡単で、融資が早い銀行もふえてきました。

 

銀行の最大のメリットは金利です。これは消費者金融の各社・サービスの比較しても、銀行カードローン全般的に安いといえるでしょう。

 

多少時間がかかってもいい、審査には自信があるという人は銀行カードローンのメリットをいかせますね。

 

ただし、銀行のローンの中でも、目的別のローンとなると、多くの書類と長い時間がかかります。

 

急な出費でお金がいる場合は、即日融資に対応している銀行カードローンの中からえらぶか、消費者金融から借りるのがベストです。

 

 

消費者金融からお金を借りるメリット

お金,借りる,銀行,必要なもの

消費者金融は、銀行と違って、「お金を貸すことの専門業者」です。

 

ですから、審査も銀行より早く、即日融資で借りることが可能となっています。
(時間帯や審査状況によってできない場合もあります)

 

お金を貸す時の流れで、絶対に欠かすことができないステップが審査です。
銀行も消費者金融も融資のときは必ず審査をします。

 

この時に、銀行は実は自分のところで審査をせずに、外部の保証会社に審査を委託しています。
(例外の銀行もあります)

 

この外部の保証会社が実は消費者金融なんです。
ということから、融資が早いという点では消費者金融がリードしているのが現状です。

 

また、「消費者金融は銀行より審査がゆるい」という声を聞いたことはありませんか?
これについては、なんとも言えません。人によって状況は違うので比べようがないからです。

 

しかし、「銀行のカードローンは断られたけど、消費者金融は借りれた」という口コミがあるのも事実です。
反対に「消費者金融で断られたけど、銀行は審査に通った」という声はあまり聞きません。

 

そして、一番大きな消費者金融のメリットは無利息期間です。
無利息期間とは文字とおり、利息が0円の期間があるということです。

 

消費者金融のアコムとプロミスには、無利息期間があります。
消費者金融は銀行より金利が高めですが、この無利息期間をつかって、短期間のうちに返済してしまえば、銀行より払う利息をおさえられることができます。
もちろん無利息期間内に全額を返済してしまえば、利息は払わなくてOKです。

 

審査に通るか不安がある人、審査を早めに済ませてすぐに借りたい人、次の給料日までなど短期間で返済できるめどがある人は、消費者金融金融がいいでしょう。

 

 

みんなはどこで借りてる?人気ランキング

申し込みをした当日に借り入れが可能など融資が早く、金利が安いところが人気です。
とくに総量規制の対象外の銀行カードローンなら、他の消費者金融でお金を借りている人も借りられる可能性が高いです。

お金,借りる,銀行,必要なもの
プロミス(消費者金融)

プロミスははじめての人に大人気の30日間無利息サービス(メルアドとWEB明細利用登録が必要)があります。
20歳以上の学生さんや、パートやアルバイトの人でも一定の収入があれば借りることができますよ。

 

10万円借りて月々返済は4,000円と安心です。

プロミス公式サイトへ

お金,借りる,銀行,必要なもの同率1位人気
アコム(消費者金融)

アコムは、最短1時間融資と最高クラスの融資スピードに加えて、無利息期間30日と最強です。
来店せずにネットで契約できるのも簡単ですね。
借りられるかどうかは、⇒3秒診断で事前にチェックできます。

 

パートやアルバイトの人でも安定した収入があれば借りることができますよ。
働いていれば主婦の人でもOKです。

アコム公式サイトへ

お金,借りる,銀行,必要なもの
三菱東京UFJ銀行(銀行)

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行なのに最短即日でスピード融資してもらえるのが魅力です。
金利もさすが銀行!ならではの 1.8%〜14.6%ですよ。
三菱東京UFJ銀行に口座がない人も入会金・年会費無料で利用できます。三菱東京UFJ銀行と提携コンビニのATM利用手数料も無料です。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック公式サイトへ

お金,借りる,銀行,必要なもの
みずほ銀行(銀行)

みずほ銀行カードローンは、主婦の方も申し込みできるカードローンです。
主婦の場合は配偶者に収入があるか、自身のパート収入があれば可能です。
エグゼクティブプラン 金利 年 3.0%〜7.0%と低金利。最大限度額1,000万円と超大型のローンでゆとりがありますね。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの?利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

 

みずほ銀行の口座を持っている人ならWEB完結で最短即日の利用が可能。

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 

 

銀行と消費者金融の違い

  銀行 消費者金融
必要なもの

・所得を証明する書類(源泉徴収票や納税証明書)
・身分証明(運転免許証や健康保険証)
・印鑑
・口座をもっている銀行なら通帳・銀行印
・目的別ローンの場合は使い道を証明する書類

・印鑑、身分証明書、収入を証明するもの

※仮申し込み時は書類不要のところが多い

審査時間 数週間 最短即日
審査難易度 厳しい 銀行より優しいと口コミあり
金利(目安です) 4.3%〜15%くらい 4.3%〜18%くらい
借りやすさ お金,借りる,銀行,必要なもの お金,借りる,銀行,必要なもの
返済方法 口座引き落とし・窓口 コンビニATM・専用ATM・振込・窓口など

ざっくりですが、比較してみると消費者金融のローンのほうが借りやすく人気です。

 

 

学生だけど銀行からお金を借りられる?

 

お金,借りる,銀行,必要なもの

まず日本でお金を借りるにあたって、絶対に必要な条件は20歳以上であること。

 

お金を借りるということは法律行為なので、成人=20歳以上しか認められていません。

 

もちろん、ブラックにも貸しますと言っているような闇金業者は貸してくれますが、そんなところから借りるとダメなのはわかりますよね^^

 

例外で未成年でも借りられる場合があります。
それは親の同意がある場合と、結婚している場合です。

 

日本の法律では20歳未満でも結婚している場合、法律行為ができるとされています。

 

ただし、銀行は審査が厳しいので現実には難しいです。カードローンなら、アルバイト収入のみの学生でも可能です。

 

↓ダントツの低金利は銀行ならでは

 

↓主婦・学生・パート・アルバイトに人気

主婦は安定した収入がある方
(専業主婦は除く)

学生は20歳以上で安定した収入がある方

 

新登場!銀行カードローンお金,借りる,銀行,必要なもの

 

お金を節約しよう!

食費の節約方法として卵は欠かせない

食費の節約方法として重宝したいのは、何と言っても卵です。卵を上手く使えば、節約しつつもおいしい料理を簡単に作ることができます。たとえば、卵を2つ使って目玉焼きを作ったとします。その目玉焼きをおかずとするならば、そこにかかっているお金はいくらくらいになるでしょうか?10個1パックの卵を約200円として計算すると、その目玉焼きには2つで40円しかかかっていないことになります。

 

40円で食事のおかずが作れるならば、食費がかなり節約できていると言えます。スーパーで惣菜を買ったとしても1つ100円が相場ですっし、少しでも手の込んだ料理を作ろうと思ったら食費はどうしてもかかってきてしまいます。豪勢な夕食を作ろうというのであれば目玉焼きだけだとさみしいのかもしれませんが、軽く食べたい朝食や昼食だったら卵だけでも十分満足することができます。

 

また、食事にちょっと必要なプラスアルファとしても、卵は効果的な利用ができます。ハンバーグに目玉焼き、牛丼に生卵、カレーライスにゆで卵など、おかずに対するプラスアルファとして卵はとても適しています。

 

こうしたプラスアルファがあれば食事のバラエティさが増していきますし、栄養を補うことも期待できます。それが1個約20円という安価でできるわけですから、卵がどれだけ食費の節約方法として優れているのかわかります。

 

また、卵はいくら食べてもそうは飽きないというメリットもあり、ずっと使い続けられるのも良いです。ですので、食費の節約に卵は欠かせないです。

 

在宅副業でお金を稼ぎます

世の中はアベノミクスで景気が回復基調と言われていますが、多くの人と同様に私には実感がありません。

 

中小企業に勤めている人は殆どそうではないでしょうか。
給料はなかなか元には戻りません。ではどうすればよいか、自分で稼げばよいと思います。

 

私は在宅副業を色々と研究しています。アフィリエイトとアンケートモニターで年間60万円程稼いで確定申告をした事もあります。
この金額を何とか100万円までアップさせたいと思っています。

 

本業の片手間で100万円稼げれば専業になってもいいように感じるんです。

 

会社に頼らず行けていけるのであれば、それが一番いいですからね。

 

継続は力、続けていきます。

 

更新履歴