カードローンとは

MENU

カードローンとは?

銀行カードローンについて説明する前に、そもそもカードローン自体は何かという事から説明しましょう。

 

 

間単に言えば、金券カードでローンを組むことができるシステムを言います。

 

 

借入したお金は何に使っても自由です。

 

 

教育ローンや住宅ローンのように、使い道が定まっている必要はありません。

 

フリーローンという名称がついている場合もあります。

 

 

唯一利用限度額が、各金融機関で設定されていますので、条件に合いさえすれば、コンビニなどでよくみかける現金自動支払機などを利用することにより、いつでも、どこからでも、お金を引き出す事ができるのです。

 

 

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、消費者金融、信販会社と、金融機関といいましても、これだけあります。

 

 

このうち、もっとも審査が厳しく、もっとも借入金利が低いのは銀行カードローンでしょう。

 

 

総量規制が敷かれる前の旧制度では、主に企業相手の貸金事業を展開していました。

 

 

個人にもユーザーはいましたが、借入金額がかなりの高額におよぶ事が多かった事と、信用調査を通しての審査基準もかなり厳重だった事もあり、個人で銀行からの借り入れを検討する対象といえば、おおよそが会社経営者や事業主といった人たちでした。

 

 

税制改革後も、かつての銀行の印象が強烈なので、借りるには敷居の高さを痛感してしまうと言う人も多いのではないでしょうか。

 

 

事実、一度でも返済が滞ってしまった時点で、最初に設定したゆるめの条件も、とたんに厳しいものに変わってしまいます。

 

 

それだけ信用やユーザーとの信頼関係を大事にしているとも言えます。