銀行ローン 借りやすい

MENU

銀行ローンを借りやすい人ってどんな人?

ローンとはお金を借りるという意味があり、突然の出費や貯蓄では賄えない住居の購入・事業資金などでお金が必要になった時に都市銀行・地方銀行、または信用金庫・信用組合といった民間の金融機関が個人や法人への資金を融資するローンのことを銀行ローンと呼びます。

 

銀行ローン,借りやすい,審査

 

ローンの種類は多数ありますが、大きく分けて使いみちが限定されたローンから使いみちが自由なローンがあります。
銀行ローンの一番の特徴は金利が低いことですが、一般的に使い道が限定されたローンほど金利が低く、使い道が自由であるほど金利は高くなる傾向にあります。

 

 

銀行ローンを組むと、その銀行の預金口座などを長年利用していると、金利が優遇され通常よりも更に低く融資を受けることが出来たり、審査の時に良い待遇をしてくれたり融資審査の基準の緩和をしてくれる銀行もあります。

 

 

しかし、銀行ローンの審査は厳しく設定されている場合が多く必ずしもローンが通るとも限らず低金利でローンを利用出来ないこともあります。

 

 

その理由として銀行ローンの基準はそれぞれの金融期間によって定められていますが、各金融機関とも共通しているのは銀行ローンの対象が収入の比較的安定している公務員・サラリーマンの方であるということです。

 

 

勤続年数や年齢・年収、勤務先の属性等も消費者金融業会社や信販系ローン会社と比較しても審査基準はかなり厳しく設定されているのが一般的です。

 

 

各金融期間の窓口やホームページなどには、融資基準や審査基準などが掲載されているのでローンを利用したいと考えた際は、あらかじめ確認して問い合わせをしましょう。

 

 

ローンの利用は、お金をまとめて借りて、少額の金額を長期的に返済していくことが一般的です。

 

 

銀行ローンの需要は年々増加傾向にあり特に2010年6月18日に試行された年収の3分の1までの借入に制限される総量規制も銀行は対象外となるために、複数の消費者金融やクレジットカード会社の借金を1本化するおまとめローンや銀行のカードローンなどを利用する人が増えてきています。

 

↓おまとめローンに最適

※返済日が一本化でき、返済額が軽減できるメリットがあります。(借り入れ内容によります)