審査 自己申告 嘘

MENU

自己申告の嘘はバレます。

審査に嘘の申告があったらバレるのか?

 

自分の年収が少なかったり、正社員ではない場合、審査に自信がない人が考える疑問がこれです。

 

はっきり言って、嘘の申告を書いても必ずバレます。

 

申し込みの際に申込書類やネットの申し込みページには、現在あなたが借り入れしている会社数、借り入れの合計金額を記載する欄(もしくは選択項目)があります。

 

そこに事実とは異なることを書いたとしても、情報が共有されているので、すぐにばれます。

 

情報が共有されているというのは、貸金業者がアクセスできる指定信用情報機関があるからです。

 

この指定信用情報機関は、個人情報を扱いますので、認められた貸金業者しかアクセスできません。

 

その点で個人情報は問題ありません。

 

借りる時に貸金業者は指定信用情報機関のデータへアクセスして、申し込み者の借り入れの状況を見ることができます。

 

申し込み者が書いていることが、嘘か本当かはすぐにわかることです。

 

反対に、嘘を書くことのデメリットは大きいです。

 

事実と異なることを書いていると、それだけで信用が下がりますよね。

 

誰が考えてもいいことではありません。

 

また、申告の中で借り入れ状況以外の部分でも事実と異なる記述があると、それも身元をごまかしている、仕事をごまかしているということで信用がなくなってしまいます。

 

これらの申込書類上の申告と事実に誤りがあるかどうかもカードローン審査の中ではチェックされます。

 

ですから、正しく書く以外に正解はありません。

 

就職する時の履歴書でも同じです。

 

つまり、履歴書もカードローンの申し込みも嘘の申告をすることはそれだけでいろんな問題を生じることがあるということです。

 

自己申告というと、「適当でもOKというイメージ」を持ちがちですが、それは誤りです。

 

情報がすぐに照会できるようになっているカードローンの審査においては、正しく書かざるを得ないのです。

 

カードローンは正しい申告をしたうえで、審査をしてもらいましょう。

 

その結果審査に通らなくても、それは「審査に通らない理由があった」という事実として受け止めるしかありません。